15分で劇的に変わります。おっきなパッチリ目の完成

板野友美さんや、大島優子さんのぷっくり涙袋に憧れ、最初は化粧を研究してメイクで涙袋を書いていましたが満足できず、2年前に格安の涙袋整形の美容外科をネットで探して、カウンセリングの予約をしました。

以前、何度か、鼻にヒアルロン酸を入れる美容整形をしていたため、ヒアルロン酸注射の安全性は分かっていたので抵抗なくカウンセリングに行きました。カウンセリングで、お医者さんから、注射をすると涙袋の皮膚が薄いため内出血ができるが10日ほどできえるとのこと。ヒアルロン酸は、半年くらいで体内に自然に吸収されていくとの説明をうけました。

了承して、承諾書にサインをしてすぐに施術。カウンセリングだけのよやくだったので後日施術になるかと思っていたので、通う手間が省けてラッキーでした。目を開けながらやるので、注射器が視界に入りとても怖かったので、一生懸命目線だけを上に向けて、目をそらしました。

激痛。鼻のヒアルロン酸を入れるよりかなり痛かったです。鏡をみて、先生と相談しながら涙袋全体に複数回注射をさして、ヒアルロン酸をいれました。半年で吸収されてしまうとのことだったので、わたしはちょっとよくばってしまい、入れ過ぎてしまいましたが、2年経った今もたっぷりヒアルロン酸が残っていて、当時よりはかなり天然に見える(せいけいしているようには見えない)涙袋になり、満足しています。

目元の印象がかなり変わります。手術の直後から内出血が起こり、目の下が赤黒くなっていました。例えるなら殴られた様な感じの色です。だれにもバレたくなかったので、家に帰る前に手術で消毒のためゴシゴシ取られたファンデーションを塗りました。パウダーファンデでは、隠しきれないくらいの濃い内出血で、バレたくない人は手術の際に、コンシーラーと、ファンデーション両方を持っていくことをお勧めします。

家に帰り、内出血をしているので旦那にバレてしまうと思い、とっさに今流行りのアートメイクでアイラインを格安にお試しで入れてもらったという、嘘をつき、旦那はよゆうでごまかせましたが、次の日起きたら内出血は予想以上に、昨日より濃く広がって、とても化粧じゃ誤魔化しきれない感じになってしまいました。

会社に行き、みんなに、目の下どうした?と言われ、旦那に言ったのと同じ様にアートメイクだと嘘をつきなんとか誤魔化せましたが、女性同士なので、整形したと気づいた人もいたと思います。これから、興味があって、涙袋整形をする方には最低でも3日くらいは休みがあるときにした方がいいと思います。とにかく内出血が隠せないくらい濃く出ます。4日目くらいからようやく少しだけ薄くなった様な気がして、10日ちょっとでだいぶ薄くなり14日目で完全に消えました。

無表情でもはっきりわかるくらいの涙袋を作ったため、笑うと不自然なくらいかなり、もっこりしました。入れすぎには注意した方がいいです。でも2年経った今は、逆に入れ過ぎたおかげで長持ちしてよかったかなあという感じもあり、涙袋の手術をしてよかったなと思います。

目が優しくなるし、大きく見えます。手術というほど大袈裟でもな15分弱ほどで終了するので、お勧めです。痛いのが苦手な人、自信がない人は、ちょっとお金はかかっても麻酔することをお勧めします。あと、手術後3日位は休みを取ってください。ほんの15分で劇的に変わります。自分も涙袋にヒアルロン酸をいれているせいか、涙袋の整形ã内出血以外は特に手術後の痛みもないし、メイクやお風呂の制限もなかったので、本当に手軽にプチ整形できました。皆さんにもお勧めします。