涙袋とは

涙袋は自分の顔を知ることが大切!

[涙袋とは]

涙袋とは、下まぶたあたりにある部分のことで別名「ホルモンタンク」とも呼ばれています。
この部分がふっくらとしていると、女性らしいかわいさやセクシーさを引き出すといわれています。
そして目元を明るく見せ、真顔でいてもにっこりと微笑んでいるように見えるのも特徴なので、人から好印象を受けやすいという特徴も。
さらに、涙袋があるだけで小顔効果も!なぜなら、涙袋があると目の範囲自体が広がって見えるので頬の縦の長さが短くなり、顔全体に対する目元の大きさが変化するからです。
これだけのメリットがあるなら、ぜひ涙袋を意識したメイクをしたいものですよね。
しかし、誰でもが同じ涙袋を持てばいいというわけではありません。
全く同じ顔の人は存在しません。したがって、自分にとって似合う涙袋を手に入れることも重要です。

[涙袋メイクが似合う人はどんな人?]

涙袋が似合う人の特徴は目がぱっちりとしている・下まぶたの開きが大きい人は、目元の表情筋が発達しやすいので涙袋がなくてもメイクで自然に作ることができます。
目が小さめの人や、下まぶたの盛り上がりがなく皮膚も薄い人は通常の涙袋メイクはオススメできません。なぜなら、無理に涙袋を強調してしまうとそこだけ浮いてしまい、顔全体のバランスがとりにくいからです。

[タイプ別!涙袋メイク術]

まずどのタイプの目元の方にもいえますが、ナチュラルな涙袋を作るためには自分の顔のことをよく観察して知ることが大切です。
まずは自分が笑ったときに盛り上がる部分を涙袋の範囲にすると自然です。たとえば、二重・目が大きめの人の場合は、二重の幅と同じか2倍までの幅が自然です。目の縦幅よりも広くすると不自然に見えるのでやめましょう。
対して、一重や目の小さめな人の場合は、笑ったときの目の横幅と同じくらいの幅を涙袋と決めると自然に見えます。

[涙袋の作り方]

では実際に涙袋を作っていきましょう。涙袋に必要なものは、アイブロウペンシル・ハイライトまたは肌がワントーン明るくなるようなアイシャドウ・綿棒だけです。
まず、鏡の前で笑った表情を作り、自分にとって自然だと感じる範囲の一番下にアイブロウペンシルで影を作るように描きます。このときのポイントとして、描き始めは目頭の方の黒目の下あたりから目尻側の黒目を少しはみ出した部分までが自然に見える範囲です。目頭部分から描いてしまうと目つきが鋭くなりやすいのであまり自然には見えません。
次に、描いたラインを綿棒でぼかします。ぼかすときのコツは、顔全体を鏡で見ながら少しずつ左右と下のほうに伸ばしていくことです。縦や上にぼかしすぎてしまうと涙袋の陰ではなくなり、「クマ」に見えやすくなってしまうので要注意です。
ぼかし終わったら次に黒目のちょうど下あたりからハイライトかアイシャドウの一番明るい色を塗ります。このときに付ける色は、肌が明るく見えるようなイエロー・ライトベージュ薄いピンクといったものが適しています。そしてラメが入ったものよりは、パールといった上品に光を反射するタイプのものを選ぶとより良いです。
最後に、指で軽くトントンと全体をなじませて完成です。
なお、涙袋作成で重要なのは色選びです。影を作るときのアイブロウペンシルは、なるべく明るめのブラウンを選ぶとより自然な影を作ることが出来るのと、綿棒でなじませた時もクマになりにくく簡単に出来ます。
そしてハイライトの色は、真っ白のものを使うと、塗った部分ばかりが目立ちすぎて自然には見えません。使うハイライト・アイシャドウは肌なじみの良いライトベージュ・イエロー・ピンク系のものが良いです。クマや血色の悪さにお悩みの場合にはピンクのハイライトを使うと上手に隠れるのでオススメです。