涙袋にヒアルロン酸を塗る効果

ヒアルロン酸を塗るだけで効果ばっちり

大きい涙袋にあこがれていろいろなことを今までやってみました。

整形するのが一番てっとりばやいとおもうのですが、なかなかそこまでには勇気がでなくて手術は行ったことはありません。

カウンセリングはいったことがあるのですが、半年に一度痛い思いをしなければいけないことと、 きちんと希望通りの形になるのかなど不安がぬぐいきれず、チャレンジできていません。

なので私が行っていることは涙袋をおおきくするためにヒアルロン酸を塗るというころです。

最初はネットでそのような記事をみてまさかそんなことでは大きくならないだろう、と思っていたのですが、 かなり安価でヒアルロン酸が手に入るということを知ったので、やらないよりはマシだろうというくらいでチャレンジしてみました。

今やっている方法は、とにかく気が向いた時に涙袋にヒアルロン酸を塗る、ということです。

麺棒にしみこませて、スーっとなぞるようにぬっています。

仕事中でも、テレビをみているときでも、かわいたなと感じたら塗っています。

一日どれくらい塗ってるかわかりませんが、2日でヒアルロン酸の容器がほとんどスカスカになるくらいです。

安価ですのでそれでも1ヶ月で3000円もかかりませんので、気にせずガンガンつかっています。

そして結果としては、ふっくらしてきたんです。

塗っただけでも効果があり本当におどろいています。最初は気のせいかなとおもっていたのですが、 まわりから「メイクかえた?」といわれるようになり、とくにメイクはなにもかえていなかったので驚きました。

やはり涙袋があると目が大きくみえるようで、印象がかなりかわってきました。

涙袋メイクを追加すると本当にかわります。

今はいオレンジ色のアイシャドウを目の下にいれているのですが、 まるで本当の涙袋のようにふっくらしてみえます。

前はちょっとクマのようになってしまっていたのですが、ふっくら健康的なツヤのある涙袋になってきました。

さらに実感したのは、ちょっと感動する映画などをみて号泣してしまった次の日、みたことないくらい涙袋がパンパンになっていたのです。

今まででしたらそんなことはありませんでしたので、やはりきちんと効果があるのだとおもいます。

今目の下にヒアルロン酸をぬるということを開始して4ヶ月くらいたちましたが自分でもはっきりわかるくらいになってます。

この作業の欠点としては、うまくぬらないと化粧がはがれてしまうことと、やはり手間がかかること、さらに面倒なことだとおもいます。

でもこれをきちんとまめにやれば、手術いらずでふっくら涙袋が手に入ります。

きっとこれも手術と一緒で定期的にやらなかればおそらくしぼんでしまうので、 これからもずっと続けていく予定です。

最近はもっと安価で手に入ればいいのに・・・と思っておりますが、月3000円以下にはなかなかならず。

3000円で涙袋がキープできるのであればそれでもいいかと割り切っています。

今後も継続し、大きくなるだけ大きくしたいです。

そして出来ればいつかは手術・・・とかんがえております。

いまはまだ勇気がでないので、涙袋にヒアルロン酸、プラスで涙袋メイクでなんとか乗り切ろうと思います。

これから年をとってもたるみのない綺麗な目元を目指したいので、 めんどくさがらず毎日やっていきたいとおもっています。

注意点としては、目に入るととっても痛むので、塗るときには注意して、鏡をきちんとみて行ったほうがよいです。

下まつげにもついでにぬっているのですが、なんだかつやつやとしっかりしたまつげになってきたので、 ついでに下まつげに塗ることもおすすめしますよ。

お手軽で簡単、とまではいきませんが、痛みも無く継続的にできるものだとおもいます。