涙袋があると魅力的に見える理由

・涙袋の重要性

顔のパーツで大事なのは、目の大きさや鼻の高さなどを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、実は涙袋は、それと匹敵するくらい、もしくはそれ以上に重要なパーツなんです。

そして、涙袋の重要性は、男女問わず高くなっています。涙袋が大きければ、美人もしくはイケメンにも見えるものなんです。涙袋は、”フェロモンタンク”と呼ばれることもあります。涙袋が大きいということは、モテる要素を持っているということになるのです。

・そもそも涙袋とは?

涙袋は、読んで字のごとくの言葉ではありません。涙袋の中には、涙はありません。涙袋は、目の周りの筋肉によって形成されています。この筋肉が発達すると、涙袋も大きくなります。

整形手術やメイクなどで、涙袋を大きくする人大勢います。しかし、涙袋は筋肉なので、この筋肉を鍛えれば、自然と大きな涙袋を手に入れることができるのです。

・なぜ涙袋がある方が良いのか?

インターネット上でも、物議を醸すことのある涙袋の有無ですが、必ずある方が良いという結論に至っています。女性であれば、、涙袋の存在によって、優しく可愛らしい印象を与えることができます。男性の場合は、端正な顔立ちのイケメンに見えます。

実は、人相学的にも涙袋はある方が良いとされています。それは、子宝に恵まれるということを示しているからです。そして、子宝だけではなく、良縁にも恵まれるとされているんです。

・他にもある涙袋があることのメリット

涙袋が大きいと、実年齢よりも若く見えます。そして、笑顔もイキイキとして見えますし、肌のハリさえも感じます。実際、涙袋は筋肉によって形成されているので、肌がたるんでしまっていては、大きくなることはありません。お年寄りを見ると、一目瞭然でしょう。赤ちゃんも、可愛らしい涙袋がありますよね。思わず、守ってあげたいと思ってしまうような印象は、涙袋によるものと言っても過言ではありません。

見た目だけでも、明るい人に見えるので、周りからも好感を持たれます。それが、モテるということにも繋がっていくのです。

・涙袋を無理やり作るのはNG

涙袋は、ヒアルロン酸注入などによって形成することもできます。しかし、先述のように形成しているのは筋肉なのですから、外科的処置に頼るのではなく、筋肉を鍛えることに注力する方が賢明です。

整形手術も、その時は良いかもしれませんが、一生モノではありません。加齢とともに、筋肉は衰えてしまいます。その時に後悔してしまっては、遅いのです。ですから、自分の筋肉を鍛えることが、遠回りなようで近道です。

整形手術にまで頼らずとも、メイクでもある程度涙袋は作ることができます。涙袋は、パーツとして注目を集めています。涙袋を作るためのメイク道具も一般的に販売されていますし、手持ちのアイシャドウやポイントメイクのアイテムを駆使すれば、ぷっくりと膨らみのある涙袋は、簡単に作ることができます。

・涙袋がもたらしてくれること

涙袋が大きいと、目の幅も広く見えるので、目がぱっちりしているように見えます。一重まぶただったとしても、涙袋が大きいと、腫れぼったい印象をあまり感じませんよね。目が大きく見える分、小顔効果も期待できます。女優さんやモデルさんも、涙袋がある方が多いので、やはり”綺麗”、”可愛い”の象徴と言えます。

そして、笑うと涙袋は更に強調されます。それが、男女問わず、”可愛い”という印象を与えるのです。

・まとめ

涙袋が大きいと魅力的であるということを述べさせていただきましたが、一概に言えることではありません。涙袋が小さくても、美人であったり、イケメンであったりする人もいます。

あくまでも、ひとつの目安として考えましょう。