涙袋の美容整形はあなたの人生を変える

手術を終えたみなさんの経験談

多少の出費でコンプレックス解消しました。

もともと涙袋が狭くてほとんどなく、コンプレックスに思っていました。目は二重なのに、目の下はペタッとしていてバランスが悪いのです。白っぽいハイライトを入れてもなんだか浮いてしまいます。下まぶたのハイライトは、涙袋があるからこそかわいいのです。そうじゃないと、なんで目の下白いんだろう、で終わってしまいます。そもそも、ハイライトを入れる必要すらないように思えてきます。影もハイライトも、凹凸があるからこそ出てくるワードなのです。

しかし、美容整形などはお金もものすごくかかりそうだし、私には無縁のものと思っていました。整形手術って、もし失敗したらどうなるのだろう、とも思いました。美容整形ではないですが、以前、ものもらいになったことがあったときに目に角ができ、その部分を切開しました。それなりに有名な病院に行きましたがきっとうまくなかったんでしょう、二重瞼の形が崩れてしまいました。その時はまだ学生だったのでクレームも何もつけませんでした、そんなもんだろうぐらい思っていましたが、何年たっても元には戻らず、いまだに片方の目は三重になったままです。

そんなことがあったので、外科手術で顔を触られるのはあまり望みませんでした。見えないところの手術ならまだいいですが、顔は目立ちます。もし失敗したら、もう取り返しがつかないのではないかと思いました。整形手術はとりあえず怖い、というイメージがありました。

そんな時に、手ごろで手術できる外科の病院を知りました。クリニックではなく外科医院で、施術によっては保険がきく場合もあるようでした。もしそんなにお金がかからなくて手術できるんだったら、この機会にやってもらおうかな、と思いました。いつまでも目をコンプレックスに思っているのなら、それなりに対処してメイクも楽しめたほうがいいです。見た目は自分だけが一番気にしているのでしょう。他人は手術したかさえ気づかないのかもしれません。それでも自分のモチベーションを上げれるのなら、そのほうがいいのでは、と思うようになりました。

実際に行ってみると、普通の病院のようでした。サロンのような飾り気はなく、一般的な整形外科のようでしたので、安心しました。担当医は女性の方で、私の悩みを話しました。割とご年配の方でした。私の目を見て、彼女は、そんな気にするほどではないのでは?というコメントでした。もっともっと深刻で成形しに来る女性もいる、とのことでした。それよりは、脱毛のほうをしたら?と勧められ、なんか意外な反応でした。しかし私はどうしても目のほうが気になったので、今回は脱毛ではなく涙袋がほしい、とお願いしました。

そうすると、施術の流れを教えてくださいました。ヒアルロン酸の注射で、時間もかからない、ということでした。コストも、そこまで高くなく、何万かで住むようでした。整形って、意外と簡単なんなものもあるのだな、と初めて知りました。ヒアルロン酸注射といえば膝が痛いときに、軟骨のうるおい成分として注射します。聞きなれた方法だったので、そんなに抵抗なく受け入れられました。膝への注射だって、いつまでも持つわけではないでしょう。ですから、まぶたに注入したとはいえ、一生持つわけではないと思いました。私には逆にそのほうが少し安心できました。例えば仮に成形したことによって失敗し、顔が不自然になったとしても、それは一過性のもなのです。

やはり下まぶたは、ぷっくりしているほうがかわいいと思います。私は思い切って美容外科に行ってよかったと思っています。コンプレックスはないならないほうがいいです。ずっといいです。それで人生変わるというと大げさかもしれませんが、本当に生活を楽しめます。外見に自信が持てるのなら多少の出費、投資してよかったと思います。

気軽に優しくで愛されてる目元になれます

美容クリニックで5年勤務しています。よく涙袋ヒアルロン酸注入を受けています。

涙袋形成は10代から60代くらいまで幅広く人気の処置です。形成することで、可愛くて愛らしい目元になり、少し目がきつく見られて悩んでいる形は優しい印象にさりげなく変えることができるからです。

形成方法は、二種類あり、一つ目は自分の脂肪を注入する方法です。こちらは、処置費用と別に脂肪を取る費用もかかります。また、脂肪は定着しやすいと言われておりますが、実際半分くらいは無くなってしまう方もがほとんど。注入した脂肪が固くなる石灰化のリスクもあるため、選択される方は少ないです。ご自身の脂肪をバストに注入することをメインとされていて、そのついでに脂肪で涙袋を形成する方はいらっしゃいます。

二つ目の方法は、ヒアルロン酸による注入です。この方法をほとんどの方が選択されます。処置の手順は、まず麻酔効果のあるテープを涙袋の位置に貼り、20分待ちます。徐々に麻酔が効いてきますので、触っても感覚が鈍くなっていることが分かります。

そのあとは注射で入れていくのですが、針が見えて怖い!などはありません。目を閉じているので大丈夫です。痛みもほとんどありません。意識はあるので、(何か入っていっているなー)(膨らむ感じだな)くらいの感じかたです。両目で10分程度で処置は終わります。処置した直後は、ヒアルロン酸と、痛みを和らげるための、液体の麻酔が同時に涙袋へ注入されているので、自分がイメージしていた仕上がりより一割増し位で仕上がります。一時間半くらいすれば液体の麻酔は抜けていくので、もう少し落ち着きます。ただし、目の下の内側には、太い血管があるため、人によっては内出血が生じます。目の下全体が紫色になるわけではありません。一部出る場合があり、打棒した時と同様に紫→緑→黄色と色が変わりながら1~2週間でなくなっていきます。

ヒアルロン酸は、一般的に半年位で体内酵素に分解されてなくなっていくのですが、目元は水分が多い場所なので、長持ちするかたも多いです。最近では、一年くらいキープできて、形もキレイに決まりやすいジュビダームビスタがとても人気です。国で認可を受けている唯一のヒアルロン酸なので、仕上がりも安全性も嬉しいです。

涙袋の形についてですが、たっぷり入れるタイプと細長くさりげなく入れるタイプに分かれます。処置するドクターによっても形の出方は異なるので、しっかり症例写真をみて、自分好みの涙袋形成をしてくれるドクターを探すことがポイントです。実際、美容クリニックで働いていても、涙袋の症例がキレイなので自分が受けるならやってもらいたいと思うドクターはいますし、他の美容外科の症例写真を見ていても、毎回末広がりに変な膨らみ方で注入されているため、ナメクジぽく見えて、自分なら受けたくないな。と思うドクターの症例もあります。あとは、必ずイメージの写真を持参して、診察時に確認してもらったほうが良いです。そうすることで、お互いのイメージが一致しますし、それが無理な形なのであれば、診察時にアドバイスもらえます。個人的にはたっぷり入れると広がりやすく、流れるため、クマのように見えて後に溶かしに来院される方も多いので、量はほどほどがいいと思います。あと一番気になるのは料金だと思います。こらは正直、美容クリニックによって大きく異なります。一番多いのは、◯◯ccで◯円のように、量で価格を決めているクリニック。だいたい標準で皆さん5万円前後の方が多いです。少量すぎると効果も感じにくく、なくなるのも早いので、予算都合で注入量を少なくし、片目0.1ccずつなどはオススメしません。片目0.3から0.4くらいは必要です。5万円以上のクリニックも多いですが、そういったクリニックは、1ヶ月以内に追加注入が無料サービスなどがついているので、たくさん注入したいけど、仕上がりが心配な方や、バレたくない人は安心だとおもいます。そもそも、涙袋の注入の処置は他人にはバレにくい内容なので、気軽に受けやすいですよ。

涙袋があると魅力的に見える理由

・涙袋の重要性

顔のパーツで大事なのは、目の大きさや鼻の高さなどを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、実は涙袋は、それと匹敵するくらい、もしくはそれ以上に重要なパーツなんです。

そして、涙袋の重要性は、男女問わず高くなっています。涙袋が大きければ、美人もしくはイケメンにも見えるものなんです。涙袋は、”フェロモンタンク”と呼ばれることもあります。涙袋が大きいということは、モテる要素を持っているということになるのです。

・そもそも涙袋とは?

涙袋は、読んで字のごとくの言葉ではありません。涙袋の中には、涙はありません。涙袋は、目の周りの筋肉によって形成されています。この筋肉が発達すると、涙袋も大きくなります。

整形手術やメイクなどで、涙袋を大きくする人大勢います。しかし、涙袋は筋肉なので、この筋肉を鍛えれば、自然と大きな涙袋を手に入れることができるのです。

・なぜ涙袋がある方が良いのか?

インターネット上でも、物議を醸すことのある涙袋の有無ですが、必ずある方が良いという結論に至っています。女性であれば、、涙袋の存在によって、優しく可愛らしい印象を与えることができます。男性の場合は、端正な顔立ちのイケメンに見えます。

実は、人相学的にも涙袋はある方が良いとされています。それは、子宝に恵まれるということを示しているからです。そして、子宝だけではなく、良縁にも恵まれるとされているんです。

・他にもある涙袋があることのメリット

涙袋が大きいと、実年齢よりも若く見えます。そして、笑顔もイキイキとして見えますし、肌のハリさえも感じます。実際、涙袋は筋肉によって形成されているので、肌がたるんでしまっていては、大きくなることはありません。お年寄りを見ると、一目瞭然でしょう。赤ちゃんも、可愛らしい涙袋がありますよね。思わず、守ってあげたいと思ってしまうような印象は、涙袋によるものと言っても過言ではありません。

見た目だけでも、明るい人に見えるので、周りからも好感を持たれます。それが、モテるということにも繋がっていくのです。

・涙袋を無理やり作るのはNG

涙袋は、ヒアルロン酸注入などによって形成することもできます。しかし、先述のように形成しているのは筋肉なのですから、外科的処置に頼るのではなく、筋肉を鍛えることに注力する方が賢明です。

整形手術も、その時は良いかもしれませんが、一生モノではありません。加齢とともに、筋肉は衰えてしまいます。その時に後悔してしまっては、遅いのです。ですから、自分の筋肉を鍛えることが、遠回りなようで近道です。

整形手術にまで頼らずとも、メイクでもある程度涙袋は作ることができます。涙袋は、パーツとして注目を集めています。涙袋を作るためのメイク道具も一般的に販売されていますし、手持ちのアイシャドウやポイントメイクのアイテムを駆使すれば、ぷっくりと膨らみのある涙袋は、簡単に作ることができます。

・涙袋がもたらしてくれること

涙袋が大きいと、目の幅も広く見えるので、目がぱっちりしているように見えます。一重まぶただったとしても、涙袋が大きいと、腫れぼったい印象をあまり感じませんよね。目が大きく見える分、小顔効果も期待できます。女優さんやモデルさんも、涙袋がある方が多いので、やはり”綺麗”、”可愛い”の象徴と言えます。

そして、笑うと涙袋は更に強調されます。それが、男女問わず、”可愛い”という印象を与えるのです。

・まとめ

涙袋が大きいと魅力的であるということを述べさせていただきましたが、一概に言えることではありません。涙袋が小さくても、美人であったり、イケメンであったりする人もいます。

あくまでも、ひとつの目安として考えましょう。

ヒアルロン酸注入でぷっくり愛され涙袋に!

数回涙袋のヒアルロン酸注入の施術を受けました。 施術の流れはカウンセリング→施術で、ヒアルロン酸注入でしたらカウンセリング当日に施術を受けられます。 事前のカウンセリングで、どのようなイメージにしたいのかなどを細かく伝えます。

私はぷっくりと目尻の方まで高さを出したい、しかし所謂ナメクジと呼ばれる目の下に幅広くヒアルロン酸を入れるのは控えたいと伝えています。 言葉で伝えるのが苦手な場合は理想の涙袋の画像などを持って行くのがいいと思います。

オプションでマイクロカニューレという針をお勧めされる事が多々あります。内出血の確立を下げられるとの事ですが、私は両方試した結果あまり変化が見られなかったので、無理につける必要は無いと思います。

施術自体は目を開けたまま行います。 注入中に目元に力を入れてしまうと内出血が出るリスクが高まるそうなので極力リラックスして、恐怖や痛みを想像するよりも、これから憧れた涙袋が手に入れられる!などプラスなことを考えるのがオススメです。

クリニックの中ではヒアルロン酸と麻酔が混ざったものを打ってくれるところや、表面麻酔をオプションでつけられるところがありますので、痛みに弱い方はクリニックを選ぶ際に気をつけてください。

大体が注入前に保冷剤で目元を冷やしてからの施術になります。 麻酔が混ざっているヒアルロン酸はたくさん注入できた!と思っても麻酔の分は涙袋として残らないので、きっちりとその場でどれだけ注入したか、入り方などが気になる方にはあまりお勧めできません。

注入しながら何度も確認ができるので、左右差、自分の理想通りになっているかを細かくチェックします。

もっと高さは出せますか?や、もっと目尻の方まで注入できますか?など質問には応じて頂けますし、やり過ぎだと思われるときは殆どのドクターがこのくらいがちょうどいいくらいだよとストップもしてくれます。

注入直後は多少の腫れがありますので、完成形はそれより少し小さくなるイメージです。 足りなかったら後日再び再注入も可能なので入れすぎが怖い…と言う方はまずは少し少なめの量でトライするのも良いと思います。 入れすぎてしまった…と思ってもヒアルロン酸は溶かせるので大丈夫でした。

大きなダウンタイムも無く、仕事前に注入したこともあるのですが、夜に泣いて朝目が少し腫れているくらいで人にはあまり気にならない程度で気付かれた事は無いです。

ヒアルロン酸が馴染むまで数日でこぼことした状態が続く時もありますが、上からメイクをしてしまえば大きく目立つ事も無いのでその日から、次の日からお仕事や学校に行く事が出来るのも大きな魅力の1つだと思っています。

涙袋ヒアルロン酸を入れてから、目がぱっちりと大きなイメージを持たれたり、若々しく見られる事が増えました。 海やプールに行っても涙袋メイクが落ちてしまう…!と言う心配もなくなりました。 メスを入れたりする大きな手術とは違い注射一本でお手軽に大きくイメージチェンジが出来るので私は本当にやって良かったと思います。 目元のイメージが少し変わるだけで、普段のメイクも一段と楽しくなりました。 施術自体もカウンセリング含め30分以内で終わる事が殆どなので、時間があまり無いけど若々しく美しい目元になりたいと言う方にもオススメできる施術だと思います。

ヒアルロン酸自体も個人差はありますが、私はヒアルロン酸が吸収されにくい体質なので半年から8ヶ月くらいは結構残っています。

涙袋が流れるのが嫌だと言うことを伝えたらお風呂上がりなどに綿棒で涙袋の下を優しくなぞると長持ちすると教えてもらって毎日やっているおかげかもしれません。

本当にデメリットの無い施術だと思います。

涙袋整形にまつわる記事

涙袋整形手術の体験談バックナンバー